記事の詳細

どうも、ヘタりーまんです!

今回も福岡博多の風俗レポートですが、ソープランドではなくデリバリーヘルスの体験談です。

この日は昼間にキャンパスメイト生徒編のHカップ嬢と遊びましたが、ノリがいまひとつだったため消化不良気味でした。

そこで、体力が戻ったその夜にデリヘルを利用して発散することにしました。

 

ラブリーシュシュとは?

ラブリーシュシュは福岡のデリバリーヘルスです。

東京や大阪では大盛況なデリヘルですが、私が調べたところ福岡はそれほどお店が多くない印象です。検索しても思ったほどお店がひっかかりませんし、ヘブンなどを見ても店舗数は少なかったです。

中州のソープランドは賑わっていましたので、福岡はどちらかというとソープ寄りなのかなぁと感じました。

 

あまりお店がなかった中でも私が良さそうだなぁ、と思ったのが今回利用した「ラブリーシュシュ」です。

値段もまあ手頃ですし、ランキング上位にいる嬢はかなりかわいいので、期待できます。一応、福岡、博多、広島でデリヘル3店舗を運営している「シュシュグループ」というグループの1角だそうです。ただ、大阪の大手グループに比べるとやはり規模は小さいですね。大阪だとディアレストグループやシグマグループなど超大規模グループがそれぞれ5件程度のお店を経営しています。

 

予約の流れ

今回予約したのは、ラブリーシュシュの人気嬢です。

特徴は「Hカップ」

昼間もキャンパスメイト生徒編でHカップの嬢と遊んだのですが、乳が偽物なんじゃないかというくらい固かったのとノリがイマイチだったので、もっと柔らかくてノリの良い嬢と遊びたいと重い予約しました。

写メ日記を見る限りはかなりノリが良さそうですし、乳も柔らかそうなのでこれは期待しても大丈夫でしょう。

 

なお、シティヘブンや公式ホームページに記載されているお店の電話番号は、固定電話ではなく何と携帯電話の番号でした。これはかなり珍しい。

個人経営か?、と思いましたが後々着てくれた嬢に聞くと、中洲にあるお店自体には固定電話はきちんと置いてあるのですが、別の用途で利用しているそうです。

 

電話をしてみると、すぐに男性が出てくれました。

「はい」

「すみません、デリヘルの予約をお願いしたいんですが」

「ありがとうございます、どちらの女の子をご希望でしょうか?」

「○○さんをお願いしたいんですが…」

「ありがとうございます。何時くらいのご利用をご希望でしょうか?」

「20時くらいでお願いしたいんですが」

「はい、それでは20時におうかがいさせていただきます」

「場所は、△△ホテルのxxxx号室です」

 

こんな感じで予約はあっさり終了です。なお、確認の電話は不要でした。デリヘルは大体は確認の電話を求められるのですが、このパターンは珍しいですね。

 

プレイ内容

ホテルに戻りのんびりと待っていると、部屋のブザーがなりました。

いそいそと

アーカイブ

ページ上部へ戻る